スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

胸に響いた5つの言葉 ◎ 『男の子のよろこぶお弁当』(藤野嘉子)

「フツー」と「おいしい」の間の、モヤモヤ
という記事を9月末に書いたあと、
やや凹んでいたところ、
Tomo's bakery&cafe の tomoさんからコメント欄で、 
藤野嘉子さんの『男の子のよろこぶお弁当』の一節をご紹介いただきました。

57921065 60
この本は、お弁当づくりを始めたばかりのころ、
図書館で一度借りたこともあったのですが、
時間がなく、ざっと眺めただけで終わってしまいました。

今回、あらためて読み返したところ、
しみ入る言葉がたくさん
ヘェーと感心したり、ニヤッと共感する話も。



この本は、愛読者の方も多いかもしれませんね。
ほかにも印象に残った部分はあるのですが、
個人の備忘録も兼ねて、「胸に響いた言葉を5つ」。

 (上の部分が、藤野さんの言葉。 の部分が、私のコメントです。)



*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*



892076.gif 百年待っても

(男の子は)
母親の存在が周囲の友人などに過度に見えてしまうことを、
ことさらいやがるようです。
     
のりを犬の形に切ってのせたら、すごく怒られたという話も。
「おいしい」などとは、百年待っても言ってくれないのが
男の子のお弁当ですが、
母なりの楽しみを見つけて、ぜひ作り続けましょう





892089.gif 見返りを求めず、つくり続ける

男の子は小さな旦那さんという話もあるくらい、
夫以上にわがままで自分勝手な生き物で、
うれしい言葉の一つも言いません。
でも、毎日毎日の積み重ねが、
無駄ではないことを残してくれているので、
それでいいのだ !! と思い、母も自分にごほうびをあげましょう。



  コメント欄で、ご紹介いただいたのが、
  太字にした「百年待っても」のクダリです。
  このへんの言葉は、これからも折りにふれて、読み返す気がします。 



*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*



420847.gif なによりも、おいしいお米のご飯を

おいしいご飯を詰めれば、
お弁当の半分以上ができたも同然なのです。

お弁当のご飯はふつうの食事と違って 冷めたものを食べるので、
お米もそれなりの選び方が必要です。お弁当に向いているのは、
冷めてもぱさつかない、粘りのある米。



  今回、読んでスゴイ!と思ったのは、実は、ここのお米のクダリでした。
  とかく、おかずにばかり頭がいきがちですが、
  お弁当の半分はお米のご飯。大事だな、と思いました。
  お米の品種、もち米の活用などについても、書かれていて、
  お弁当の本で、ここまでお米に言及している本はあったかな? と思いました。



 *.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*



1127218.gif お弁当の米とぎは、息子の仕事

前日の米とぎは、原則的には息子がする。
米とぎは、自分のお弁当を作ってもらっているのだという、
息子の自覚を促すため。

初めは面倒がった米とぎも、おいしいご飯の力はすごく、
ずーっと継続し、

息子は高校3年間これを続けました。 (←『女の子の大好きなお弁当』から)



  うちでは、息子にお弁当箱を洗わせています。
  「お弁当を作ってもらうのは、あたりまえ」みたいになってほしくないな、
  と思ったからです。でも、ときどき「私、鬼母?」と思うこともあったので、
  このクダリを読んだときは嬉しかったです。



*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*



323390.gif 男子のお弁当箱は、2個用意すべし

(男の子はお弁当箱を)ときど忘れてきたりするので、
2個は用意しておきましょう。
なくすこともあるので、それも承知の上で選んでください。



  なんて、かゆいところにまで手の届いた本! と思いました(笑)
  実体験がないと、ここまでわからないですよね、男子の生態。


  男子、ほんとう いろいろ、ありますが。
  でも、まぁ がんばろう~





にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村


にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村 

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*

 料理本 関連記事リンク

緑 感涙◎ 料理家ケンタロウさんの言葉 ~肉がどどーん!!~  (12/08)
緑 東大に合格する、お弁当とご飯 (2014/03/10) → 『東大合格ごはん』(渡辺あきこ・著)
 
 お弁当記事・テーマ別 リンク一覧


関連記事
web拍手 by FC2

テーマ : お弁当
ジャンル : グルメ

Comment

No title

この本 すっごくすっごく いいでしょう〜(@^^)/~~~
私も 長男の高校弁当を 毎日まいにち 休みなく作り始めて しかも 自分の中では すっごく頑張ったつもりのお弁当にも なーーーんのコメントもなく さらーっと お弁当箱を流しにつける 長男に対して すっごく凹んで やる気をなくしていたりしたんですけど、このお弁当の本を読んで
なーーーーんだ〜!!! 私だけじゃないのね、美味しかったって言ってもらえない母って!!!
って すっごく心 安らんだんですよね、
で、この言葉を胸に それから 長男へ高校の三年間と 次男へのお弁当作りも高2へ突入中です。
もちろん 次男も ふつーにノーコメントです。
でも いつか 彼らが 大人になった時にでも 高校生の時に持たせてもらってた 弁当 懐かしいな〜みたいに 思い出してくれたりしたら ウレシイな〜
記事に 私のこと 載せてくれて ありがとうございます〜♫
これからも よろしくです♫

tomoさん、コメントありがとうございます♪

本とか言葉って、出会いどきがあるな、と今回思いました。
以前、読んだときは全然スルーしていましたもの。
それに言葉の力ってすごいですね。
「100年待っても、言ってもらえない」の言葉に、本当スッキリしました(笑)
ありがとうございました!

お薦めいただいた『すごい弁当力!』も読みました。
著者の佐藤剛史さんのパワーに押され、いっき読みでした。
お弁当のもつ力や、普段気づかない役割などが、多面的に描かれていて面白かったです。
tomoさんの息子さんたちも、大人になったら絶対、母の愛情弁当を思い返しますよ(^o^)

ヘタレな弁当母ですが、どうぞこれからもよろしくお願いします♪
非公開コメント

プロフィール

*siesta*

Author:*siesta*
*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*

2015年3月下旬より、
しばらくお昼寝 (´-ω-)zZZ

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*

息子は 中高一貫男子校の中学3年生。
関東在住です。
どうぞ、くつろいでいってください ♪

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
FC2アクセスカウンター
検索フォーム
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。