スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

広島、8月6日の「2つのお弁当」

今年も、8月6日がめぐってきました。

昨年の夏、初めて広島に行き、
原爆の凄まじさを伝える、
平和記念資料館にも寄りました。

そして、
そこで 思いがけず、
「2つのお弁当」と出会いました。


1つは、中学1年生の、
折免滋(おりめん しげる)くん のために
母シゲコさんが作ったお弁当。

もう1つは、広島市内に勤める、
岡原政太郎さん(当時49歳)のため
妻・ツネヨさん(当時38歳)が作ったお弁当。



しげる君のお弁当箱

 ▲ 折免滋くんの 黒こげになったお弁当 
      (平和記念資料館より拝借)




いずれも遺体とともに見つけられ、
2つのお弁当を見て、感じたことは、

緑  広島、8月6日のお弁当 (08/06)
緑  「日々のお弁当」の、気づかなかった素顔  (08/08)

という記事に昨年書きました。


             



それから、1年たって迎える、今日の8月6日。
やはり それ以前とは少し違って感じられます。


「広島に原爆が投下された日」であると同時に、
平和記念資料館で目にしたお弁当箱が
一緒によみがえってきます。


原爆で焼けこげた、
「2つのお弁当」から感じられた 痛みは、


「日々のお弁当」というものは、
昨日も作ったし、明日も作るだろうと、
明日が来ることを疑っていない、
明日がくることを信じて作られているお弁当で。

そうした日常が、唐突に、
一瞬にして断ち切られてしまった。


「2つのお弁当」が伝える、
その失われた断面に胸を衝かれました。



             



中学1年生、折免滋くんの遺体は、
お弁当箱を お腹の下に抱きかかえるような姿で、
お母さんのシゲコさんが見つけたそうです。


岡原政太郎さんは、
焼け跡で見つかった遺骨の、
右手を伸ばした先にお弁当箱があったそうです。


お弁当は、最後までふたりの近くにあったのです。



             



平和記念公園s



「週6弁当つくりか…」などと ぼやきながら、
明日を信じてお弁当を作れる、
そんな 今ある幸せに感謝して、
69年目の夏に 黙祷を捧げたいと思います。





にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
にほんブログ村


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*


*....*広島平和資料記念館  関連記事リンク *.....*

◎ 滋君のお弁当についての記事
◎ 再現した、滋君のお弁当の中身


*....* 広島で「お弁当」について考えた 関連記事リンク *.....*

 広島、8月6日のお弁当  (08/06)
 「日々のお弁当」の、気づかなかった素顔  (08/08)

 お弁当記事・テーマ別 リンク一覧
 「中高一貫校生活・息子たちの自立、思春期」 テーマ別記事リンク一覧


関連記事
web拍手 by FC2

テーマ : お弁当
ジャンル : グルメ

Comment

おはようございます♪

私もこの資料館は行った事があります。

*siesta*さんのおっしゃる通り、皆 普通に明日があると信じていた訳で…
つらいですよね。

子供が小学生の時に家族で行ったんだけど
真剣な眼差しで見ていました。
あの頃の気持ちを
早く息子に思い出して欲しいです…ほんと…(;^_^A…

Re: おはようございます♪

さとさん、おはようございます(^o^)

広島は一度は行かないといけない場所、
という想いはずっとありましたが、
そう思う分、かえって なかかな行けずにいたりもしました。

しかし、百聞は一見にしかずで、言葉がなくとも、
残された遺品から伝わるものは十二分にありました。

案内してださった、ピースボランティアの方が最後に、
「(伝える)バトンだから」と、息子に言ったことも印象的で、
2つのお弁当と出会って感じたことは、忘れずに
自分なりに伝えられたらなと思っています。

こんにちは

資料館行かれたのですね。
私も、今年の夏は広島に遊びに行きますが
原爆ドームのみで、資料館には行かない予定です。
何故かと言うと、同行する実家の母が
「あそこは絶対行きたくない」と言うのです。
実際に戦争を経験した者にとっては
訪れたくない場所なのかもしれません。
今回は、そんなわけで資料館はパスしますが
是非一度、息子と見学してみたいです。

Re: こんにちは

はなきゃべつさん、コメントありがとうございます。

わかりますよ。
戦争体験のある義父は、戦争関係のテレビはいまだに
いっさい見ませんし、
私自身も、平和記念資料館は一度は行かないといけない場所、
という想いはずっとありましたが、
そう思う分、かえって行けませんでした。

でも、実際に行ってみて、印象的だったのは、
資料館は、かわいそうなものを「これでもか」と
押しつけてくる場所ではなく、
広島の被害と同時に加害の側面にも触れるなど、
いろいろな国、いろいろな世代の人たちに、
真に平和を考えてもらえるよう、
非常に理知的で公正さに心を砕いている印象を受けました。

時機がきたら、ぜひ行ってみてください。

非公開コメント

プロフィール

*siesta*

Author:*siesta*
*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*

2015年3月下旬より、
しばらくお昼寝 (´-ω-)zZZ

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*

息子は 中高一貫男子校の中学3年生。
関東在住です。
どうぞ、くつろいでいってください ♪

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
FC2アクセスカウンター
検索フォーム
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。