スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

スマホチルドレン◎「返信2秒以内」が新常識

前回、スマホに苦慮する中学・高校の状況について書きましたが、
スマホで、なぜ 子どもたちの間に問題がおきるのか。
「なるほど!」と腑に落ちる記事を 少し前に読みましたので ご紹介します。


156035.gif 日経電子版の「スマホチルドレンの憂鬱」という、
兵庫県立大学・竹内和雄准教授の連載で、
その中の「スマホチルドレンと向き合う大人の3カ条 」という記事です。



 子どもたちの間では、
いまLINE(ライン)をめぐる問題が多発しているといいます。
その原因の一つに、子どもたちの間の「返信ルール」があるのだとか。

この部分を抜粋しますと、


従来型携帯電話「ガラケー」が普及していたころ、
メールには「3分ルール」といわれるものが存在していました。
3分以上返信がないと仲間はずれにされるというものです。

でもこれを今の子どもたちに言うと、
「3分? うらやましい。
 (LINEで) 『既読』ついて 3分たってたら 友達なくす。
 いまは 2秒だよ」 とびっくりされます。



             



3分から、2秒へ。

「既読」表示から、「2秒以内」が
LINEでの返信ルールの「新常識」となってしまっているのです。


その結果、どういうことがおきているのか。

その具体例が、非常にわかりやすく書かれていました。


かいつまんで、お伝えすると──


制服 中学生 高校生 男女 ある晩、中学校の3年生のクラスで、
「映画に行こう」という話がLINE上でまとまった。
その1時間後にLINEに参加したA君も、参加希望の書き込みをしました。

そのことは、なんの問題もありませんでした。

ところが、B君が交通手段の確認をしようと、A君に
「何で来る?」 とコメントを送ったところ、A君の態度が一変。
「行くのをやめる」 と言い出した。


      なぜか?


B君からの「何で来る?」の質問を、
A君は「なぜ、おまえが来る?」、
すなわち「おまえは 来るなよ」と否定的な意味で受けとってしまった。


早とちり、勘違いですが、
返信「2秒ルール」では、とにかく早く返事をしないといけない。


考えながら返信する余裕がないため、
こうした行き違いが頻発し、トラブルになっていくのです。



             



 スマホになってから、2人以上の人が一緒にいても、
顔は全員スマホのほうを向き、
てんでばらばらで、
スマホをいじりながらしゃべっていたり。

2人の人が対面していても、
片方の人がスマホを打ちこみながら、
しゃべっているような様子も珍しくなくなりました。


相手の目を見て話す。
そんな情景が、常時接続のスマホ時代、
今まで以上に大事になっているのかもしれませんね。



「スマホチルドレンと向き合う大人の3カ条 」
悪ふざけ画像やネット・リベンジ、
親の賠償などについても触れています。


ぜひご一読を 。



にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村 

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*


  関連記事リンク

 中高一貫校◎「自主性尊重の名門校もスマホ苦慮」の記事 (05/14)

  「高校1年、84% がスマホ保有」の衝撃 (11/13)
  ガラケー男子はモテる!? (11/04)

  最後の1人!? どうする携帯電話 (6/23)
  スマホがお得で困った! ◎ 最後の1人、携帯電話どうする!? (10/10)
  息子のガラケー求めて、三千里(1) (10/15) ~ 三千里(8 ) (11/02)
  いま明かされた悲話 ◎ 身長170cm のキッズ携帯 (11/30)

 「中高一貫校生活・息子たちの自立、思春期」 テーマ別記事リンク一覧

関連記事
web拍手 by FC2

テーマ : 中学生のママ
ジャンル : 育児

Comment

確かにね、子供たち、ラインのみでしか、友達と連絡を取り合っていないのでは?
と、思うような生活ぶりですよね。
二秒ルールは、知らなかったけど。
子供らしくない スマホばかりの友達関係…
昔は、学校で 友達としゃべって待ち合わせ場所や時間を決めて遊んでいたのに、

今の子は、学校から戻って、ラインで待ち合わせ場所や時間を決めてる…
こーゆった行動にも、私は???と、思うのよね、
さっきまで一緒だったんなら、なぜ、そのときに待ち合わせ場所や時間を決めないの?って、ね、
今の子のライン生活には、確かに疑問多いですよね
ライングループも、なんだか???
いいような、悪いような…です。

No title

何だか子どものスマホ事情ってややこしいですね〜(T_T)

うちの子は、友達なら、気が乗らなかったり、忙しかったりしたら
既読つけてても返信しないみたいですが(もう、そういう人だと思われてる)
相手が先輩とか、目上の人になると、早めに返信しないといけないので
敢えて、既読をつけずに何時間もスルーしてるみたいです(^_^;)

便利だけど、スマホに振り回されてるんですよね。
そろそろ子どもたちも疲れて、がんじがらめ状態から脱却するんじゃないかなあ。

普段のコミュニケーションが取れてたら、
返信遅くても、やってけると思うんですけど。
それも、ある程度大人になってからでないと、難しいのですかね?

No title

おはようございます^^
ついこの間TVを見ながらでもラインを合間にしている息子に
父親が注意していました。
ま、少し切れ気味の注意でしたが。。。
息子と一緒にいる時間が多い私は、かなり慣れてしまっているし
仕方がないかなって思っていた部分もあって。。。
難しいですよね、この問題は。。。

No title

おはようございます(^^)

返信3分以内でも速すぎるでしょ?って思うのに、
2秒以内なんて・・・・・完全に無理でしょ?って言いたくなりますよね(-。-;)
子供達の間のLINE最優先的なルールって、異常としか思えないですe-330
要件があったら電話して、普通に留守電にメッセージを残していた頃が、
何だか一番のんびりしていて、健全だった気がするのは私だけでしょうか?e-441

それに「何でくる?」で誤解を生んだという話。
やっぱり文字だけだと、ブログのような長文でも、
うまく真意が伝わらなかったりすることってありますよね。。。
ましてや、メールやLINEのように短文だと、色々言葉が足りなくて、
人を傷つけたりしちゃいそうですe-263

これからの世の中、スマホを使わずにいるという選択はかなり難しいと思いますが、
子供達の使い方には、何らかの歯止めが必要なのかもしれないですね(^_^;)

Re: tomo さん

コメント、ありがとうございます♪

結局、極端な話、24時間、仲間や友だちとつながっている状態になったから、
「いつ いつまでに」みたいな感覚は、
携帯以前の時代と違い、薄くなっているのかもしれませんね。

といっても、大人の待ち合わせも昔に比べるとルーズになりましたよね。
だいたいの場所を決めて、あとは現地で「今どこ?」みたいな。
便利なような、ユルいような。
いろんな感覚が変わりましたね。

Re: さと さん

こんにちは(^o^)
仲間もずっとつながっている感覚でいるから、難しいですよね。
でも、どこかでメリハリをつけないと、
スマホにどんどん時間をとられてしまう感じも (>_<)
「家が厳しい」というのも、
逃げ場づくりの一つとしてはアリかな、と思ったりも。

Re: ゆけい さん

コメント、ありがとうございます(^o^)

ゆけいさん、おっしゃるように、息子の様子を見ていても、
メールにしても、「返信が早く、まめな」タイプ、「返信が遅い」タイプ、
「メール返信にまめでない」タイプ、といったようなキャラクター認識がけっこうできていて、
リアルでの人間関係がある程度できていたら、スマホの返信だけで どうのこうの、
というのは あまりなさそうな印象です。

「そういう やつ」というのは、適切な(?)距離の取り方だと思いますよ。


> そろそろ子どもたちも疲れて、がんじがらめ状態から脱却するんじゃないかなあ。

それは私も感じますね。


Re: マミマミ さん

こんにちは(^o^)

息子たちのメールの様子を見ていても、
文を書いているというより、ワンフレーズでのチャットのやりとりに近い感じみたいです。
だから
> 2秒以内なんて・・・・・完全に無理でしょ?って言いたくなりますよね(-。-;)
って、返信というより、反応に近いのではという気がします。
うちはLINEをやっていないので、確かなところはわかりませんが。。。


> それに「何でくる?」で誤解を生んだという話。
> やっぱり文字だけだと、ブログのような長文でも、
> うまく真意が伝わらなかったりすることってありますよね。。。

それは私も日ごろ感じます。
文字で、自分の真意を細かいニュアンスまで含め伝えることは、
ほんとうに難しいですよね。
それはブログにおいても共通の課題です。


> これからの世の中、スマホを使わずにいるという選択はかなり難しいと思いますが、
> 子供達の使い方には、何らかの歯止めが必要なのかもしれないですね(^_^;)

自治体の中には、子どもたちの、夜間のスマホのやりとりの制限を
打ち出す試みを始めたところもあるようです。
スマホの所有率が今後さらに上がっていくと見られるなか、
試行錯誤がまだまだ必要そうですね。
非公開コメント

プロフィール

*siesta*

Author:*siesta*
*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*

2015年3月下旬より、
しばらくお昼寝 (´-ω-)zZZ

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*

息子は 中高一貫男子校の中学3年生。
関東在住です。
どうぞ、くつろいでいってください ♪

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
FC2アクセスカウンター
検索フォーム
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。