スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

桜、咲きますよう

  
 

ブログがすっかり手つかずになってしまっていますが……


本日、センター試験初日。
天を味方につけ、快晴の青空が広がっています。

高校受験や関西の中学受験もいよいよスタート。


ブロ友さんや、息子の同級生や先輩も。





何もできませんが、満開の桜が咲きますよう、
桜の写真を応援歌に。


桜400





どうか受験生の皆さんが、持てる力を発揮できますよう ── 。



陰ながら、お祈り致します。








にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村 

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村


「中高一貫校生活・息子たちの自立、思春期」 テーマ別記事リンク一覧


スポンサーサイト
web拍手 by FC2

テーマ : 中高生の親
ジャンル : 学校・教育

「文系」「理系」の分類はまだ有効!?

156523.gif 少し前の、夕ご飯どき。
「息子は文系か理系か」みたいな話になりました。


「自分は文系ではないかと思う」と息子。


母も「そう思う」と、同意すると


「文系はつぶしがきかない。
 理系がいいぞ」と父。


正しいと思うのだけれど、
あまりにも紋切り型の言い方に、
なんだか小説やテレビの中で、見てきたようなやりとり。

こういうやりとりって、
いろんな家庭で
もう何十年と繰り返されているんだろうな。


と感じました。
( まだ選択まで時間があるから、というのもありますが。)

同時に、


 男の子 みどり
 小学生の65% は、現在 存在していない職業につく


という記事を ちょっと前に見かけたことを思い出しました。

そんな時代に、
「文系」「理系」の昔ながらのフレームで考えること自体、どうなんだろう。

大丈夫なのかな !?

とも思ったり。



                




学校 教室 黒板 授業 うさぎ  中学受験の学校説明会でも、
「文系」「理系」の話題に触れられることは多かったです。


大学受験を意識して、
早くから「文系」「理系」のクラス分けをする
とうたう学校がある一方で、


「理系」とされる分野の職業でも
文系的な知識・教養は必要であり、
それがブレイクスルーの手がかりとなることもある。
「文系」とされる分野の職業でも同様。
なので、そうしたクラス分けは
ギリギリまでしませんという学校もあったり。


大学受験を意識した教育はしない。
1つのテーマを切り口に徹底的に取り組むことで、
文系、理系、両方の要素をおのずと学んでいくことになる
という学校があったり。


そのスタンスは さまざまでした。



                



そんなこんな、
色々と ぼんやり思っていたところ、

朝日新聞の「日曜に想う」(1月18日)というコラムで、
「文系」「理系」のテーマを取り上げていました。

興味深かったのが、
「文系」「理系」の
分類の「はじまり」について触れられていた点でした。
( 以下、緑字抜粋 )


そもそも、人類はいつから文系と理系に分けられたのか。

大学改革に詳しい吉見俊哉・東京大教授(57)によると、
12世紀イタリアの大学では法学、医学、神学が特権的な地位にあった。

カント200

哲学者カントは18世紀、
(1)神学、医学など国家にとって 有用な学問と、
(2)哲学など国家から 自由(リベラル)な学問に大別した。

今日的な意味での文・理の区分が生まれたのは、
ゼミや実験室が制度化した19世紀以降だと言う。



へぇ~。
300年も前。
しかもヨーロッパに、分類の源があったのか──。

と、興味を持って読んだのですが、


今回、この記事を書くため読み直し、
むしろひっかかったのは

(1)国家にとって有用な学問
(2)国家から自由(リベラル)な学問


という分類の視点。


「経済効果」がやたら問われる、今みたいな時代、
「有用な学問」に人が流れるのは
自然な摂理だよな。

「つぶしのきく理系にしなさい」的な、
親子間の展開の おおもと は、
もう300年も前の、こんな始まりのところにあったのか、

と思いました。




                




しかし、実際に社会に出てみると、
多くの仕事が多かれ少なかれ、
文系・理系の両方の要素から成り立っていたりします。


ITにしても、技術そのものは理系ですが、
そこで展開されているコミュニケーションや、
ITを使って何を実現するのか、どんな世界を構築するのか、
といったあたりは かなり文系的な作業なのでは。




結局のところ、


  まずは 本人の興味・関心がなによりもの起点。



そこが大事で、
息子の中高一貫の6年の間に見つかるといいな。


それには、色々な世界に触れてほしいな、


と母は願います。


( 部活、忙しいけれど…。宿題も多いけれど…(´エ`;) )





にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村 

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ





東京、神奈川の中学受験、今年はお天気に恵まれていますね。
明日もまだ天気は良さそう。
明後日は少しお天気崩れそうですが、体調第一で、乗り越えてくださいね がんばれ 応援 ファイト



「中高一貫校生活・息子たちの自立、思春期」 テーマ別記事リンク一覧
 お弁当記事・テーマ別 リンク一覧


web拍手 by FC2

テーマ : 中高生の親
ジャンル : 学校・教育

中高一貫校◎ 中学スポーツ*部活かクラブチームか

学校 中学受験の本番時期を迎えていますが、
中学でのスポーツについて、
お悩みを抱えていらっしゃる方もあるかもしれませんね。


母の時代とは違い、
スポーツをしようと思ったときに今は選択肢が増えました。


そもそも中学受験をするきっかけに、
部活(スポーツ)があるケースも少なくないかもしれませんね。


かくいう我が家にも、
そういう時期がありました。
まだ中学受験が現実のものでなかった頃です…(・∀・;)


男の子 青
全国大会で活躍する強豪校の高校生の姿に、
自分の姿を重ねて
「この学校に行きたい!
 全国で活躍するんだ!」と息子。


しかし、色々なことがわかってくるうちに、
そうした強豪校の多くは、
高校の推薦枠で優秀な選手をとっていて、
中学受験で合格したからといって、
全国大会の舞台で活躍できるとは限らない。


むしろ、近くて遠いものになったり、
高校に上がった時点で続けられなくなってしまう
かもしれない、といったことも知るようになりました。



             



中学入学後は 制服 中学生 高校生 男女
学校の部活か、クラブチームか
の選択肢があります。

公立中に進んだ、
息子の小学校時代の友だちも
小学校時代に打ち込んできたスポーツを続けている場は
まちまちです。


中高一貫校に進学し、
クラブチームに進むかどうかとなったとき、
気がかりとなるのは主に次の2点かなと思います。

1つは、
部活は6年間を過ごす学校生活の中で、
唯一変わることのない、
固定された校友関係の場となり、
子どもの学校生活の拠点の一つとなる。
(ある意味、親にとっても)


入学時、地元を離れ、
真っ白な人間関係の中に入っていくときに、
その拠点を学校におかなくて大丈夫なのかという(親の)不安。


そしてもう1つは、
クラブチームの活動は、
平日や土曜日も行われるところが多いようで、
土曜授業との兼ね合いをどうするか。



             



実際に中高一貫校生活を2年弱経験して、
そのへん どうかと言うと──


息子のまわりを見渡すと、
団体競技、個人競技とも、
クラブチームに所属しているクラスメイトはいます。


一つ目の「学校内の拠点」については、
クラブチームに所属している生徒も、
文化部や同じ競技(特に個人競技の場合)の部を兼部していて。

そのお子さんのキャラクターによる部分も
大きいかと思いますが、
学校に居場所がない、といった問題はないようです。


もう1つの土曜日の問題については、
やはり時間に遅れてクラブチームの練習に参加したり、
試合のある日は学校を休んだりと、
学校のスケジュールに合わせて活動が組まれる、
部活にはない苦労はあるようです。



結局、部活もクラブチームも
指導者の考えや価値観によって、
活動の様子も許容範囲も大きく変わってくるため、
運や縁による部分も大きいかもしれませんね。



             



テニス スポーツ 全豪オープンで活躍する、テニスの錦織選手が
フロリダにあるテニスアカデミーに入るため渡米したのが、
中2のとき。

まさに、今の息子と同じ年頃です。

大きな決断だったか、と思います。


そこまでのスケールではなくても、
大きな選択、小さな選択、
それぞれあるかと思います。


選択の先に、その子にとって、
いいスポーツとの関わり、
仲間との出会いが得られますことを
と思います。





にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村 

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ





*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*

 関連記事リンク

 入学してわかった、中高一貫校の「部活の悩み」 (2013/09/21)
  長野県、朝練は授業の敵 !? ~中高一貫校の朝練事情~ (10/23)
 部活の「公欠」、うれしい? 困る? (11/18)

「中高一貫校生活・息子たちの自立、思春期」 テーマ別記事リンク一覧
 お弁当記事・テーマ別 リンク一覧


web拍手 by FC2

テーマ : 中高生の親
ジャンル : 学校・教育

自分の夢まで、自己採点しないでください。

  
 

新聞


昨年の今ごろ、
とても印象に残った新聞広告がありました。


今朝、新聞をパラパラめくっていたら、
今年も出会いました。



新聞広告・河合塾th300




自分の夢まで、
自己採点しないでください。



文字だけのシンプルな広告に、
言葉がまっすぐ入ってきました。


河合塾の広告で、

昨年もセンター試験の翌日に掲載されていました。



制服 中学生 高校生 男女




センター試験あけの今日、
まさに今の、受験生の揺れる気持ちを
丁寧にすくいあげていて、


なんて的確で、温かな言葉なんだろう、

と思いました。



自分を信じて、
もう ひと踏ん張り。


がんばれ受験生!










疑問 線の人 ? 
大学受験から、すでに なん十年もたった 
大人にも、
広告の言葉が 響いてくるような気がしたのは 気のせい…? 


にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村 

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ





「中高一貫校生活・息子たちの自立、思春期」 テーマ別記事リンク一覧
 お弁当記事・テーマ別 リンク一覧

web拍手 by FC2

テーマ : 中高生の親
ジャンル : 学校・教育

沿道から応援

  

 

 



たすきをかけた選手が一斉にスタートし、
起伏を走ります。

沿道での応援者はラインの中に入り、
一緒に走ることも、
苦しそうな選手に手をかけることもできません。


お正月の風物詩ともなっている、
箱根駅伝。



 



ただ、ひたすら
「がんばれ~」と念じ、声をかけるだけ。

その声が届くのか。
一助になりうるのか、
わからないけれど。

でも、
声をかけずにはいられません。



 



今日から大学のセンター試験が始まりました。

関東、関西の中学受験も
既に始まっていて、
関西では 今週末から本番を迎える方も多いようですね。



 



昨年の今ごろ、
息子が中高一貫校に入学して 一番最初に出会った
「大きな先輩たち」のセンター試験に、
身の引き締まる思いがありましたが、

今年は部活や学園祭などで、
より身近に接してきた先輩方の受験。


母も保護者の方々との交流があり、
ブロ友さんの中にも今この瞬間を
固唾を飲んで過ごしていらっしゃる方もいらっしゃいます。



3837555.gif すべての受験生が、
持てる力を 存分に発揮できますことを。



今年も、そう念じます。









にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村 

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ





「中高一貫校生活・息子たちの自立、思春期」 テーマ別記事リンク一覧
 お弁当記事・テーマ別 リンク一覧


web拍手 by FC2

テーマ : 中高生の親
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

*siesta*

Author:*siesta*
*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*

2015年3月下旬より、
しばらくお昼寝 (´-ω-)zZZ

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*

息子は 中高一貫男子校の中学3年生。
関東在住です。
どうぞ、くつろいでいってください ♪

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
FC2アクセスカウンター
検索フォーム
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。